第2章 バージョン管理の基本概念

目次

差分の表示やマージ
競合の編集
パッチの適用

TortoiseMerge は次のような様々な用途に使用できます。

  • 2つのファイルの差分を表示し、変更点をマージしたり、不要な変更を削除したりすることができます。

  • ローカルな変更と、更新で取得した Subversion のリポジトリにある変更との競合の編集を行うことができます。

  • パッチを適用し、結果をレビューします。

差分の表示やマージ

このモードでは、2つのファイルを比較できます。左画面のファイルはオリジナルファイル(Theirs とも呼ばれる)として扱われ、右画面のファイルは変更後のファイル(Mine とも呼ばれる)として扱います。

右画面にあるファイルに対しては、単なる行単位の変更に加え、次のような操作を行うことができます。

  • 変更された行を、左画面に表示されているテキストに戻す。

  • Mine の前に Theirs を配置したり、 Theirs の前に Mine を配置したりして、両方のブロックを結合する。

また、右画面のファイルはテキストエディターのように編集することもできます。その行は鉛筆アイコンで印がつけられます。なお、前述の行単位やブロック単位の変更を行うつもりなら、編集する前に行っておく方がよいでしょう。編集してしまうと、 TortoiseMerge が オリジナルファイルとの関連を追跡できなくなります。