ボタンやその他のコントロール

設定によっては、多くのボタンが表示されたツールバーやリボンが表示されます。各ボタン上でマウスポインターを停止すると、機能を説明するツールチップが表示されます。

ウィンドウの左側にはロケーターバーがあります。これによって、ファイル中のどこに変更があるのかを概観することができます。ロケーターバーは3列あります。左の列は左画面を、右の列は右画面を、中央の列は(表示されている場合)下画面を表しています。1画面表示時は左の列のみ表示されます。ロケーターバーは、各画面を同時にスクロールさせるスクロールバーとしても使用できます。

単語をダブルクリックすると、文書中の単語の出現位置が、メイン画面とロケーターバーの両方で強調表示されます。強調表示を解除するには、もう一度単語をダブルクリックします。

左マージンをクリックしたり、行をトリプルクリックしたりすると、行全体を選択することができます。

ウィンドウの下部にあるのはステータスバーです。ここには TheirsMine の間で追加された行の数、削除された行の数、未解決の衝突の数が表示されます。

ステータスバーにはどのようにファイルを取り扱うかを指定するコンボボックスがあります:

エンコーディング

エンコーディングでビューの文字列をどのように読込・保存・表示するかを設定します。英語では普通 ASCII です(つまり OS のローカルエンコーディング)。 UTF8 、 UTF16LE 、 UTF16BE 、 UTF32LE 、 UTF32BE (それぞれバイトオーダーマークありなし) に変更することもできます。

改行コード

Windows では 一般に改行コードには CRLF が使われますが、任意の改行コードを指定することもできます。改行コードを変更すると、たとえ読み込んだファイル内の改行コードが揃っていなくても、ファイル内のすべての改行コードが変更されることに注意してください。

タブ

コンボボックスの一番上の項目は TAB キーを押した際にタブとスペースのどちらを挿入するかを指定します。スマートタブ文字 を有効にすると、タブとスペースのどちらが適切かを自動的に判定します。

タブ幅はタブキーを押した際にスペースをいくつ挿入するか、もしくはタブがあった際にタブの次の単語をどれだけインデントするかを指定します。