開発

TortoiseSVN や Subversion は、開発者のコミュニティによって開発されています。世界中の様々な国の出身者が、偉大なソフトウェアを開発するために協力しています。

TortoiseSVN の歴史

2002年、Tim KempはSubversionが大変すぐれたバージョン管理システムであると知りましたが、使いやすいGUIクライアントがありませんでした。Windowsのシェルに統合するSubversionクライアントという発想は、TortoiseCVSという良く似たCVSクライアントにヒントを得ました。彼はTortoiseCVSのソースコードを解析し、それをTortoiseSVNの元にしました。彼はそれからプロジェクトを開始し、tortoisesvn.orgのドメインを登録し、ソースコードをオンラインに公開しました。

同じ頃、Stefan Küngはフリーの良いバージョン管理システムを探していて、SubversionとTortoiseSVNに出会いました。TortoiseSVNはまだ開発中でしたので、彼もこのプロジェクトに参加しました。彼はすぐに、既存のコードの大部分を書き直して、コマンドや機能を追加し始め、当初からのコードが全く残らないほどになりました。

Subversionが安定するにつれて、SubversionクライアントとしてTortoiseSVNを使用するユーザーが増加していきました。ユーザー層は急速に拡大しました(そして日々拡大しています)。Lübbe OnkenはTortoiseSVNのロゴとアイコンをデザインしました。また彼は、ウェブサイトと翻訳の管理をしています。

時間が経つにつれて、他のバージョン管理システムもそれぞれの Tortoise クライアントを持つようになり、エクスプローラーのアイコンオーバーレイで問題を起こすようになりました。オーバーレイの数は上限があり、 Tortoise クライアント1つでも容易に上限に達してしまいます。 Stefan Küng が TortoiseOverlays コンポーネントを実装し、すべての Tortoise クライアントで同じアイコンオーバーレイが使えるようになりました。現在はすべての Tortoise クライアントがオープンソースであり、 Tortoise 以外のクライアントもコンポーネントを共有できるものがあります。

謝辞

Tim Kemp

TortoiseSVNプロジェクトを始めたことに

Stefan Küng

TortoiseSVNが現在の姿になるまでに彼が費やした努力とリーダーシップに

Lübbe Onken

美しいアイコン、ロゴ、バグ取り、翻訳と翻訳管理に

Simon Large

マニュアルを管理してくれたことに

Stefan Fuhrmann

ログキャッシュとリビジョングラフの開発に

The Subversion Book

Subversion のすばらしい入門書に(第2章はここからのコピー)

The Tigris Style project

本書で再利用されているスタイルに

われらが協力者達

パッチや、バグレポート、新しいアイデア、メーリングリストでの質疑応答などに

われらが寄進者達

送ってくれた音楽で楽しんだ時間に