このガイドの読み方

本書は、データ管理に Subversion を使用しようとしているコンピューターに詳しい人で、コマンドラインのクライアントよりも GUI のクライアントを使用したい人向けに書かれています。 TortoiseSVN は Windows のシェル拡張ですので、ユーザーは Windows エクスプローラーに慣れており、使い方を知っていることを前提とします。

序章ではTortoiseSVNとは何かを説明します。また、TortoiseSVNプロジェクトやそこで作業している人々のコミュニティ、使用や頒布にあたってのライセンス条件を簡単に説明しています。

1章さぁはじめましょうでは、TortoiseSVNをPCにインストールし、さっそく使い始める方法を説明しています。

2章バージョン管理の基本概念では、TortoiseSVNの基盤となるSubversionバージョン管理システムを簡単に解説しています。これはSubversionプロジェクトのドキュメントを借用したもので、バージョン管理の実現方法の差異やSubversionがどのように動作するのかを説明しています。

3章リポジトリ では、単独の PC で Subversion や TortoiseSVN を試すのに便利なように、ローカルリポジトリのセットアップ方法を説明しています。また、サーバー上のリポジトリを使用する場合でも関係するリポジトリの管理についても少し解説します。

4章日常の使用ガイドはもっとも重要な章で、TortoiseSVNの主要な機能すべてとその使い方を説明しています。チュートリアルの形を採って、作業コピーのチェックアウトから始め、変更、コミット、等を行います。それからさらに高度な話題に進みます。

6章SubWCRev プログラムはTortoiseSVNに含まれる独立したプログラムです。作業コピーからの情報を展開し、ファイルに書き出すことができます。プロジェクトにビルド情報を含めるために使用することができます。

付録B こんなときは……では、他の部分で明示されていない作業を行う上で、よく発生する質問に対する答えを示しています。

付録D TortoiseSVN の自動化では、TortoiseSVNのGUIダイアログをコマンドラインから呼び出す方法を示します。ユーザーの操作が必要なスクリプトを作成するのに便利です。

付録E コマンドラインインターフェイスのクロスリファレンスでは、TortoiseSVNのコマンドとSubversionのコマンドラインクライアントsvn.exeの同等の機能との関連を示しています。