序章

目次

TortoiseSVNとは
TortoiseSVNの特徴
ライセンス
開発
TortoiseSVN の歴史
謝辞
このガイドの読み方
本書で使用している表現

バージョン管理は、情報の変更を管理する技術です。これは、たとえばソフトウェアのあちこちに変更を加えたり、その翌日にはその変更の一部を取り消したりチェックしたりすることに時間を費やしてきたようなプログラマたちにとって、長い間重要な技でした。そのような開発者たちが同時に働くチームを想像してみてください。恐らく同じファイルに同時に変更を加える場面があるでしょう。なぜ、このような潜在的な混沌を管理する良いシステムが求められているかがわかるでしょう。

TortoiseSVNとは

TortoiseSVN は、 Apache™ Subversion® バージョン管理システムの無料でオープンソースの Windows 版クライアントです。 TortoiseSVN はファイルやディレクトリを時間を超えて管理します。ファイルは リポジトリ に集中的に格納されます。リポジトリは普通のファイルサーバーとよく似ていますが、ファイルを古いバージョンに戻したり、いつ、だれがデータに変更を加えたのかを履歴から確認したりすることができます。このため、 Subversion などのバージョン管理システムは、一般的にタイムマシンのようなものと考えられています。

バージョン管理システムによっては、ソフトウェア構成管理(SCM)システムを兼ねている場合もあります。このようなシステムはソースコードのツリーを管理するために最適化して設計されており、ソフトウェア開発に特化した多くの機能を持っています。例えば、プログラム言語をネイティブに理解したり、ソフトウェアを構築するのに必要なツールが付属していたりといった具合にです。しかし、Subversionはそういったシステムではありません。あらゆるファイルの集合(ソースコードを含む)を管理する汎用的なシステムです。