第1章 さぁはじめましょう

目次

TortoiseSVNのインストール
システム要件
インストール
バージョン管理の基本概念
試してみましょう
リポジトリの作成
プロジェクトのインポート
作業コピーのチェックアウト
ファイルの変更
ファイルの追加
プロジェクトの変更履歴を見る
変更を取り消す
さあ使ってみよう

この章は、TortoiseSVNを初めて試す方を対象にしたものです。TortoiseSVNのインストールの仕方や、ローカルのリポジトリをセットアップする方法、よく使われる一連の操作を説明します。

TortoiseSVNのインストール

システム要件

TortoiseSVN は Windows Vista 以上で動作し、32ビット版と64ビット版のどちらでも使用できます。64ビット版 Windows 用のインストーラーは32ビットの拡張部分も含みます。つまり、32ビットアプリケーションで TortoiseSVN のコンテキストメニューやオーバーレイを使用するために、別途32ビット版をインストールする必要はありません。

Windows 98、Windows ME、Windows NT4に対するサポートはバージョン1.2.0以前で終了し、Windows 2000とXPのSP2までは1.7.0以前で終了しました。Windows XP SP3は1.9.0以前で終了しました。もしそれらが必要であれば、旧バージョンをダウンロードしてインストールすることができます。

インストール

TortoiseSVNはインストーラーを使用すると簡単にインストールできます。インストーラーのファイルをダブルクリックし、画面の指示に従ってください。後はインストーラーが面倒を見てくれます。最後にPCを再起動するのをお忘れなく。

重要

TortoiseSVNをインストールするには、Administrator権限が必要です。インストーラーは必要な場合、Administrator権限を確認してきます。

TortoiseSVN のユーザーインターフェイスを翻訳する言語パックが、たくさんの言語で提供されています。言語パックのインストール方法は、付録G 言語パックとスペルチェッカーを参照してください。

インストールした後に何か問題が発生した場合は、 http://tortoisesvn.net/faq.html からオンラインFAQを参照して下さい。