Tsvncmd URL ハンドラ

特殊な URL を使用すると、web ページから TortoiseProc を呼び出すことができます。

TortoiseSVN は、TortoiseSVN コマンドを実行するようなハイパーリンクを作成する、tsvncmd: という新しいプロトコルを登録します。コマンドやパラメーターは、コマンドラインから TortoiseSVN を自動化するのと同じです。

tsvncmd: URL の形式は以下のようになります。

tsvncmd:command:cmd?parameter:paramvalue?parameter:paramvalue

cmd は許可されたコマンドの1つ、 parameterpathrevision のような引数の名前、そして paramvalue は引数に設定される値です。引数のリストの数は、使われるコマンドに依存します。

以下のコマンドを tsvncmd: URL に使用できます。

簡単な URL の例としては、次のものがあります。

<a href="tsvncmd:command:update?path:c:\svn_wc?rev:1234">Update</a>

また、より複雑なケースでは次のものがあります。

<a href="tsvncmd:command:showcompare?
url1:https://svn.code.sf.net/p/stefanstools/code/trunk/StExBar/src/setup/Setup.wxs?
url2:https://svn.code.sf.net/p/stefanstools/code/trunk/StExBar/src/setup/Setup.wxs?
revision1:188?revision2:189">compare</a>