リポジトリのバックアップ

どのタイプのリポジトリを使用する場合でも、定期バックアップの保守作業を行い、バックアップを検査することは非常に重要です。サーバーを破損すると、最新のバージョンのファイルにはアクセスできるかもしれませんが、リポジトリがなければ履歴が永遠に失われてしまいます。

一番単純な(ただしおすすめできない)方法は、単純にリポジトリのフォルダーをバックアップ領域にコピーすることです。しかし、データにアクセス中の別のプログラムが一切ないことを確認しておく必要があります。ここでいうアクセスとはすべてのアクセスを意味します。もしコピー中にリポジトリにアクセス(Webブラウザーが開かれている、WebSVNなど)があると、バックアップしたデータは不正になります。

おすすめは

svnadmin hotcopy path/to/repository path/to/backup

を実行して安全にリポジトリーのコピーを作成する方法です。その後、コピーしたものをバックアップします。

Subversion のコマンドラインクライアントをインストールすると、svnadminツールが自動的にインストールされます。このツールを入手するには、TortoiseSVNのインストール時にコマンドラインツールを含めるようチェックを入れるのが一番簡単でしょう。しかし、コマンドラインツールの最新バージョンを入手したいのであれば、Subversionのウェブサイトから直接ダウンロードすることもできます。