TortoiseMergeの歴史

TortoiseSVN の作業をしていると、プロジェクトの拡張やバグの修正のためのパッチを送ってもらったときにはいつも、そのパッチを適用するのに大量の作業を行わなければなりませんでした。また多くの場合、既にファイルを更新してしまっていたために、そのパッチは時代遅れになっており、コマンドラインパッチツール http://unxutils.sourceforge.net/ では適用できませんでした。

また、 TortoiseSVN がもともと TortoiseSVNパッチの作成 を実装していなかった主な理由でもあるのですが、パッチの適用が簡単だったので、私たちはユーザーがファイル全体を送ってくれるのを歓迎していました。

長時間を費やしてパッチファイルを適用することができる GUI ツールをインターネットで探しましたが、そのようなツールは存在しないということが分かっただけでした。その後は省略しますが、そのようなツールを提供してくれる人がいないのであれば、自分たちで作らなければならないと思い立ちました。そうして TortoiseMerge が生まれました。

TortoiseSVN は既にすばらしい差分エンジンを内蔵した Subversion のライブラリを使用していたので、 GNU diff の代わりにこのライブラリを使用するのは自然なことでした。

Subversion 1.7 でパッチファイルを適用する svn patch コマンドが追加されました。TortoiseMerge は Subversion と動作を一致させるため、 Subversion のコマンドを利用します。