スペルチェッカー

TortoiseSVN にはコミットログメッセージをチェックするようスペルチェッカーが含まれています。プロジェクト言語が、自分のネイティブ言語でない場合に特に便利です。スペルチェッカーは OpenOfficeMozilla と同じ辞書を使用します。

インストーラーは自動でUS ないし UK の英語辞書を追加します。その他の言語を使用したければ、一番簡単なのは TortoiseSVN の言語パックをインストールすることです。TortoiseSVN のローカルユーザーインターフェイスと同様に、適当なディレクトリにインストールされます。再起動するとこの辞書が有効になります。

もしくは辞書を自分でインストールすることもできます。OpenOffice か Mozilla がすでにインストールされていれば、そのアプリケーションがインストールされているフォルダーにある辞書をコピーできます。そうでなければ、辞書ファイルを http://wiki.services.openoffice.org/wiki/Dictionaries からダウンロードする必要があります。

辞書ファイルを入手したら、ファイルをロケール文字だけのファイル名にに変更します。(例:

) その後、このファイルを %APPDATA%\TortoiseSVN\dic フォルダーにコピーします。もしフォルダーがなければ作成してください。TortoiseSVN は TortoiseSVN のインストールフォルダの下にある Languages フォルダー(普通は C:\Program Files\TortoiseSVN\Languages )も検索しますが、ここは言語パックのファイルが保存されている場所です。しかし、 %APPDATA% フォルダーは管理者権限が不要な上、優先度が高く設定されています。次回 TortoiseSVN を起動した際、スペルチェッカーが有効になります。

複数の辞書をインストールした場合、TortoiseSVN はどの辞書を使用するかを以下のルールで決定します。