第5章 プロジェクトモニター

目次

プロジェクトをモニターに追加
モニターダイアログ
主な操作

プロジェクトモニターは、リポジトリを監視して新しいコミットがあった時に通知する便利なツールです。

プロジェクトは作業コピーのパスかリポジトリのURLで監視することができます。

プロジェクトモニターは設定された時間ごとにプロジェクトをスキャンし、新しいコミットが検出された際に通知ポップアップを表示します。また、システムトレイにアイコンを表示し、新しいコミットがあることを通知します。

Snarl

もし Snarl が実行中の場合、プロジェクトモニターは新しいコミットの検知を通知するために自動的に Snarl を利用します。

プロジェクトをモニターに追加

プロジェクトモニターを初めて使用するとき、左側のツリービューは空です。プロジェクトを追加するには、ダイアログの上にあるプロジェクトを追加と書かれたボタンをクリックしてください。

図5.1 プロジェクトモニターのプロジェクトの編集ダイアログ

プロジェクトモニターのプロジェクトの編集ダイアログ


監視するプロジェクトを追加するには、必要な項目を入力してください。プロジェクトの名称は必須ですが、それ以外の情報は任意です。

パスまたはURLのボックスが空欄の場合、フォルダーが追加されます。これはグループを監視するプロジェクトで有用です。

ユーザー名パスワードの欄はリポジトリが匿名読み取りアクセスを許可していない場合で、認証情報がSubversion自身に格納されていない場合にのみ入力する必要があります。TortoiseSVNやその他のSVNクライアントで監視されているリポジトリにアクセスしている場合で、すでに認証情報が格納されている場合、ここは空欄にしてください。パスワードが変更された際に、プロジェクトを編集する必要はありません。

監視間隔(分) は監視する間の待ち時間を指定します。最小間隔は1分です。

チェック間隔

もし多数のユーザーが同じリポジトリを監視しており、サーバーの帯域幅に制限がある場合、リポジトリの管理者は最短の確認の間隔を svnrobots.txt で指定することができます。詳細についてはプロジェクトモニターの Web サイトで確認してください。

http://stefanstools.sourceforge.net/svnrobots.html