リポジトリへのアクセス

TortoiseSVN (または、その他の Subversion クライアント)を使用する場合、リポジトリを配置する場所が必要です。リポジトリをローカルに配置して、 file:// プロトコルでアクセスしたり、サーバー上に配置して http://svn:// プロトコルでアクセスしたりすることもできます。2つとも暗号化したものを使用することができます。 https://svn+ssh:// を使うか、SASL とともに svn:// を使用することもできます。

もし SourceForge のような公開ホスティングサービスを使っている場合や、誰かがすでにセットアップしたサーバーを使っている場合には、特にすることはありません。4章日常の使用ガイドに移動してください

サーバーを持っておらず、一人で作業している場合や、 Subversion や TortoiseSVN を試験環境で評価中の場合、ローカルリポジトリを作成するのが最適かもしれません。 3章リポジトリ の始めで説明しているように、自分のPCにリポジトリを作成してください。使い始めるための方法を探すのであれば、この章の残りを読み飛ばして 4章日常の使用ガイド へ直接進んでもかまいません。

複数のユーザーが使用するリポジトリを、ネットワークフォルダー上に構築しようと考えているなら、考え直してください。なぜこの方法が良くないのか、詳細は 「ネットワークフォルダー上のリポジトリへのアクセス」 をお読みください。サーバーの構築は見かけほど難しくありませんし、信頼性や、恐らく速度も向上します。

Subversion サーバーのオプションの詳細や、状況に応じた最適な構成については、 Subversion book の Server Configuration を参照してください。

初期のころの Subversion では、サーバーを設定するために、サーバー設定について充分に理解していなければならなかったため、このマニュアルの以前のバージョンでは、サーバーをセットアップする方法を詳細に説明していました。最近は、セットアップや設定プロセスをガイドしてくれる、パッケージ化されたサーバーインストーラーがいくつか配布されているので簡単になりました。私たちが把握しているインストーラーとしては、

があります。最新版は Subversion のウェブサイトから、いつでも入手することができます。

それ以外の手順については、 TortoiseSVN のウェブサイトで説明されています。